にきび・大人にきびのための洗顔

スポンサードリンク



にきびには洗顔が大切

にきび・大人にきびのケアに重要なのは、まず洗顔です。にきびのケアに洗顔が重要で
あることはご存知だと思いますが、洗顔のやり方が正しくなければ効果はありません。

にきび・大人にきびを早く治すためには、正しい洗顔がとても大切です。

“清潔にしなきゃ!”といって必要以上に何度も洗顔したり、ゴシゴシ洗ってしまった
りすると、肌に必要な皮脂までなくなってしまい、結果、皮脂の分泌量が増え、ますま
すにきびができやくなってしまいます。洗顔は朝晩の2〜3回で十分です。

季節にあわせ(夏は汗をかきやすく、皮脂の分泌も増えます。冬は冷たい風、乾燥した
空気で肌もカサつきがちです。)肌質にあわせて洗顔料を選び、やさしく丁寧な洗顔を
心がけましょう。

にきび・大人にきびを早く治すための正しい洗顔法

まず、髪が落ちてこないよう、ヘアキャップやピンなどで留めます。(髪の生え際は、
洗い残しが多く、ニキビもできやすい場所ですから、生え際に髪がかからないようしっ
かり留めます。)

そして、手の汚れが顔につかないようにするため、手をきれいに洗いましょう。クレン
ジングなどの油分がついていると、洗顔料が泡立ちにくくなりますから石鹸できれいに
洗っておきましょう。

次に、温めたタオルを顔にのせ、毛穴を開かせ、ぬるま湯で顔をぬらします。

洗顔料(にきびケア専用の洗顔料もしくは低刺激性の洗顔料が良いでしょう。)をしっ
かり泡立てて、皮脂が多いとされるTゾーンから洗います。ゴシゴシこすらず、泡でや
さしく包むようにように、フェイスライン・あごまでていねいに洗いましょう。

そして、すすぎ残しがないよう、ぬるま湯でしっかり洗い流します。フェイスラインは
すすぎ残しが多い部分ですから、特に注意しましょう。シャワーを顔に当て、肌をパッ
ティングしながら洗い流すのも良い方法のようです。

洗い終わったら、柔らかいタオルをそっと押しあてるようにして水分を取ります。タオ
ルを上下に動かしてゴシゴシ拭いてはいけません。タオルをやさしく押しあてて水分を
取るのが基本です。

ソーシャルブックマーク
 <img alt="/2007/09/append.gif" src="http://jp.techcrunch.com/wp-content/uploads/append.gif" alt = "はてなブックマー